子ども食堂・わいわいキッチン(地区社協中央第2)


1月31日、第8回のわいわいキッチン、今回も寒いなかたくさんのお友達が参加してくれました。今回は肉丼とワンタンスープ、ワンタンの皮に、具材を詰めること上手にできました。牛丼もワンタンスープもとてもおいしかった。食後はいつものように高校生のお兄さんやお姉さんとみんなで楽しく遊んで楽しかった。

 

12月27日、第7回のわいわいキッチンも今年最後になりました、寒いなかたくさんのお友達が参加してくれました。、料理もみんなうまくなりました、高校生のお兄さんやお姉さんも見えて、みんなで楽しく遊んで、カレーライスをおかわり、お腹いっぱいになりました。

※ 次回は1月31日、小川町の頌和幼稚園で、 たくさんの参加をお待ちしてます


11月22日、第6回のわいわいキッチンが行われました、この日は朝から雨、風も強くみんなが来られるかが心配でした、でも雨のなか早くから見えて食事の用意ができる間は隣の部屋で楽しく遊び、自分で握ったおにぎり、好きな具材を入れておいしく食べました。食後のグレープフルーツはすっぱかったな?

 

10月25日、第5回のわいわいキッチンはふれあいプラザ川崎で行われました、朝からの雨も始まる頃には止んでたくさんの子どもたちが参加してくれました。 この日のメニューはカレーライス、1年から6年生まで係があり、玉ねぎ・ジャガイモ・人参の皮むきからカット、までそして料理が完成するまで、トランプ・オセロ・マンカラなどで遊びます。そしてお腹一杯、おかわり自由でみんなで楽しく食事タイム。いつも楽しい時間です。

 

9月27日、第4回のわいわいキッチンは、小川町の頌和幼稚園で行われました。今回はすこし時期が遅くなった感もありますが、流しソーメンとかき揚げてんぷら。流しソーメンは4班に分けて体験型でわずか5分間、このあと2階に上がって本格的に食事タイム、揚げたてのかき揚げてんぷらもおいしく、オレンジ付き、みんなお腹いっぱいに食べていました。お母さんたちが迎えに来る間、ジュニアリーダーたちと元気に遊んでいました。

 

8月の第3回のわいわいキッチンは開催場所の都合により、中止となりました。

子ども食堂を正式にたちあげ、名称をわいわいキッチンと変更しました。 

7月26日、二回めのわいわいキッチンが小川町の頌和幼稚園でたくさんの子供たちとボランティアの皆さんの参加で開かれました。ここは園庭で思い切り走りまわって遊ぶことができます、自分たちも手伝って作ったトン汁とおにぎりを美味しく食べて、最後はジュニアリーダーと一緒にみんなで楽しく遊ぶことが出来ました

 

6月30日、ふれあいプラザかわさきで一回目のわいわいキッチンが開かれました。  令和に年号が変わった年から子ども食堂が正式に立ち上がりました。名称もわいわいキッチンと名称を変えて、毎月第四金曜日に行われます。  

今回は一年生から六年生まで29名の参加、福祉部から7名、ボランティアの高校生5名と一般から2名の方のお手伝いをお願いしました。   メニューは牛丼とけんちん汁、  1・2年生には玉ねぎの皮むき、3年生と4年生にはには豆腐・こんにゃく・油揚げ・玉ねぎのカットを 5・6年生には料理室に入ってもらい、大根・人参・ごぼうのかっとなど、料理も手伝ってもらいました。料理が出来るまで、みんなで遊び楽しい時間を過ごします。そしてみんなでわいわ言いながら楽しい食事、おかわりもしました。 本当に楽しい食事会でした

次回は7月26日です。多くの皆さんの参加をお待ちしています。場所は小川町のしょうわ幼稚園です。


 

 

 

31年3月19日、小川町の頌和幼稚園で2回目のお試し子ども食堂を開催しました。メニューは前回同様にカレーライス、子どもたちは野菜の皮剥き、そして料理ができるまで園庭で走りまわっていました。お手伝いに高校生がきてくれてとても楽しそうに遊んでいました。  大人たちも参加して、48名が美味しいカレーを食べることが出来ました。

10月24日水曜日 夜の5時からふれあいプラザかわさきでカレー作り体験を行いました。今回は小学1年生~4年生までの21名が参加、1年生にはタマネギの皮剥きから2年生から4年生は調理室に入ってもらい、ジャガイモ・人参の皮剥きから。安全を考慮して大人たちが主体でしたが。  でも子供たちも一生懸命になってサラダ付きカレーライス完成。、 食事は1回の畳の大広間で、みんなで作った40人分のカレーはすぐに完売、おかわりした子もたくさんいました。。 

 

10月2日 子ども食堂開設のためにその準備として地域交流センターで福祉部の皆様のご協力により試作会を開きました。  はたしてうまくできたか。

メニューは、カレーライスと牛丼